彼女の両親(父親母親)が借金を抱えていることが判明!それでも結婚を決意した理由

彼女よ恋

相手を好きになる過程はどうあれ、恋愛のスタートは、目の前の相手しか視野に入らないくらい愛し始めることからです。

まさにどこに行っても、二人の世界です。

しかし、愛が深まれば深まるほど、相手の事をもっと知りたくなるのは恋愛の常であります。そして、更に愛が深くなって行けば、相手のバックグランドを知りたくなります。知りたくなくても、相手が心を許し、話してくれるかも知れません。

その時初めて相手の背後にある家庭環境を知る事になります。

私の彼女は「家の借金」でした。

彼女の両親は借金を返済している状況でした。それでも私は、相手の環境がどんな状況であれ、お付き合いをする時は、逃げずに全て受入れる覚悟がありました。

そのように逃げない自分になれたのは、私の幼馴染(女性)の存在でした。その幼馴染は私と小学校、中学校と同じ学校で、高校まで一緒でしたので、卒業しても、仲間として、飲み仲間として付き合いをしていました。私に彼女が出来れば、自分の事の様に喜んでくれる仲間でした。

そんな私の幼馴染は、小学校の時に両親が離婚し、父親はどこに住んでいるかもわからないまま、借金を作り、その請求が来てしまい、その為に高校を辞めて、泣く泣く働かなければ行けない選択を余儀なくされたというバックグラウンドを持っています。しかしそんな私の幼馴染は、そんな事を微塵も見せない明るい人でした。

幼馴染は過去に3回婚約破棄をされたことがあります。それは、相手の親御さんが、幼馴染の両親の借金を理由に結婚を反対したからです。それでも、幼馴染は前を向き進んでいます。私はそんな姿から多くのことを学びました。

その一つが、恋愛をしたら、相手の全てを背負おうと言う思いでした。

恋愛から結婚への流れは自然だと私は思っています。思っているからこそ、そういう覚悟が持てるのかも知れません。

恋愛をして、時間が過ぎて行けば、お互いの仲は深まり、相手の背景にあるものを知る事になります。それは借金だけではなく、病気であったりもします。その時の選択肢は二つしかありません。

  1. 逃げるか、
  2. もしくは背負う覚悟でお付き合いを続けるかどうかです。

人には癖があります。行動にも癖があります。

逃げる事は簡単です。きっと次に出会う人にも、少し嫌な事があると、逃げる癖ができてしまうと思うのです。

逃げないでお付き合いをしても、違う理由で別れる事はあるかも知れませんが、少なくとも、逃げなかった自分自身は、自分で誇れると思います。

恋愛は、良い事ばかりではありません。試される場でもあります。逃げてばかりでは何の経験にもなりません。

相手の欠点を受け入れる、その繰り返しが、人生によっての糧になる経験なのかなと私は思っています。

私も彼女の両親の借金の件は、我々も巻き込まれるのではないかとすごく不安です。しかし彼女の「大丈夫」を受け入れて、前に進む覚悟をしました。もちろん巻き込まれる覚悟もしています。

共に乗り越える覚悟が、本気の恋愛なのだと彼女と出会い、気づく事ができた体験談

よく異性の仲の良い友達から恋人になっていくケースは良く聞く話ですが、私は恋人になっていくまでに、20年もかかってしまいました。

彼女とは中学生の時からの同級生でしたが、そんなに仲が良い友達ではありませんでした。不思議と高校も一緒の高校だったのですが、私が高校2年生になった頃、学校内で彼女をあまり見かけなくなりました。何か病気でもしてるのかなと思っていたのですが、それほど深く思う程の仲でもなかったので、気には止めていませんでhした。しかし、ある地元の友達から彼女が高校を中退した事を知りました。正義感が強く、年下に慕われる様な真っすぐな性格の彼女が、なぜ高校中退なのかと不思議には思いましたが、その件で追う事はありませんでした。

そして高校を卒業し、専門学校を経て、友達と飲んでいて、二次会にとカラオケボックスに流れ込んだ場所に彼女が受付でいました。瞬間に中学、高校の同級生の彼女だとわかりました、私は酔いに任せて、5年前になぜ、高校中退したのかと言う答えずらい質問をしてしまった所、彼女は笑顔で、父親が大きな借金を抱えたまま、蒸発した話をタンタンとし始めました。

高校中退は自分の本意ではなかった旨を明るく話す彼女を何か助けたいと言う思いになり、私の仲間の一員になって一緒に20代を楽しもうと言うノリで話した所、彼女も今、一人暮らしで、つまらない毎日だった事と重なり、仲間として飲みに言ったり、バーベキューをしたりと、楽しんでいました。仲間の中には彼女の事が好きになり、告白するメンバーもいましたが、彼女は受入れませんでした。

私もその時は彼女の事を友達以上に見る事はありませんでしたし、彼女もまた同じでした。私が別の彼女に振られれば、彼女は夜遅くまで、お酒に付き合ってくれました。逆も然りです。まるで同性の親友の様でした。そこまで深くなって、初めて彼女の軌跡を聞く機会がありました。その軌跡が、本当に苦労の連続だった事を知りました。しかし、一番の一凶は父親の蒸発と借金でした。男性と付き合いたくても、その先に結婚があった時、やはり、相手に父親の借金が降り掛かるかと思うと、迷惑は掛けられないと、男性に積極的になれないと言う事でした。

その時に私の感情は、情から恋に変わっているのがわかりました。彼女とだったら、一緒に乗り越えられると素直に思いました。そして告白をした時、彼女から出た答えは、私は三ヶ月前から、好きだったと言う事でした。本気のお付き合いは、共に乗り越える覚悟だと、苦労している彼女と出会い、確認出来た大切な事だと、今はそう思います。

関連記事:

恋愛結婚したければ打算的に考え、相手を選び、両親に挨拶をさせる

【彼氏の家族に好かれて、仲良くなる方法】彼の父親・母親が嫌いの人も必見!

彼氏の両親(父親、母親)に挨拶に行き問題発生!考え方、家庭環境の違い