片思いの好きな男性や女性を振り向かせる!告白を成功させるまでの方法

彼女よ恋

今片思いの好きな人がいる!

でもこの気持ちをどうしたら良いのか分からない。

まずは仲良くならないとね!でも、どのくらい仲良くなれば良いの?ていうか、その前にどうやって仲良くなれば良いの!?

もうこのモヤモヤな気持ちから、解放されたい!告白しようかな…。

等と悩んでいる人に向けて、ここでは告白する前に成功しやすい関係性を築くことの大切や、その方法、体験談を紹介します。

1.足踏み状態の片思いから脱出するテクニック

好きな人がいても自分からはアプローチできず、待ちの姿勢になってしまう女性は多いです。

もっと積極的になりたいと思っているのに、どうしても一歩が踏み出せないこともあります。

今回は、足踏み状態の片思いから抜け出すための、具体的な方法についてまとめてみました。

■ペース配分をしながらLINE・メールを送る

LINEやメールなどの連絡先を知っている間柄なら、ぜひ有効に使いたいところです。

顔を合わせなくてもコミュニケーションがとれるのですから、勇気を出して連絡してください。

「おはよう」「お疲れさま」などの短文からスタートして、相手が返事をくれたら、少しずつ長文にしていくのです。ただし、レスポンス率が良くなるまでは、ペース配分が必要になります。

自分から送るのを1日おきにしたり、既読がついても数時間は待ってみるなど、相手の負担にならないペースを守るようにしてください。

■口実をつくって会話をする

何でも良いので理由をつけて会話ができるよう準備しましょう。それができれば苦労はしないという意見も出そうですが、片思いから抜け出すには二人で会話することが大切なのです。

共通点がなくて困っているなら、友人や知り合いに頼んで、会話できる状況を作ってもらってください。

協力者がいないのなら、相手が1人になる時を見計らい、偶然を装って挨拶をするなど、こちらを見知ってもらうための作戦を練りましょう。

■「また」「一緒に」「嬉しい」の魔法の言葉を使う

会話ができるまでになったら、言葉のチョイスに気を配ってください。

何度か顔を合わせたなら「また会いましたね」と言って、偶然ではなく運命のような空気感を演出するのです。相手の行き先を聞いて、同じ方向だから「一緒に行きましょう」と言うのも、親近感が湧きやすくなります。

さらに、これらの言葉を組み合わせて「またご一緒できて嬉しいです」と加えれば、相手の心を掴む魔法の言葉になるのです。

片思いで悩んでいる女性の多くは、好きという気持ちをどう伝えれば良いのか分からないのです。

いきなり告白するのは不安ですし、上手くいかなければ顔を合わせづらくなります。

ご紹介した方法であれば、好意をもっているという程度で進めていけるので、チャレンジしやすいのではないでしょうか。

2.片思いの彼が振り向いてくれないとき、自分の良さを知ってもらいましょう

私は以前大好きで大好きで、本当にこの人とお付き合いをしたい!と思った方が居ました。

私と彼は年の差が7つもあり、私の方が年上です。そのとき彼はまだ大学生で、私は三十路まっただ中…。

年下にもかかわらず考え方がしっかりとしていて、他人にとても優しい彼に惚れてしまった私のとった行動は「好き!」と伝えることでした。

しかし遊びたい盛りの彼に振り向いてもらえることもなく、「好きだ!」とぐいぐい押してみたところで「早く別にいい人見つけてください。」と言われて遠ざけられていました。

それでも「好きだよー」と冗談ぽく、時には本気で伝え続けていましたが、ずっとあしらわれていました。しかしその後、彼と一度だけ遊んだことがありました。私は彼と普通のデートをし、自分が好きなもの、相手の好きなものをそのデートの中で共有しました。

感性が合わないものもたくさんありましたが、それ以上に相手の意外な一面を知ることが出来たり、また自分のことを知ってもらえる良い機会でもありました。

また、素直に「○○くんの、そういうところ好きだよ。」と自然に伝えていました。

しばらく一緒に居て、彼の心にも変化があったようです。実際に二人きりで遊ぶ前などには見られなかったような笑顔を見せてくれたり、私と話すときに敬語だったのがなくなり出したのです。

これはチャンスだと思いました。

別れ際には、好きだとも何も言わずに別れました。その後彼からはこまめに連絡が来るようになり、現在は結婚を前提としたお付き合いをしています。

片思いの彼に振り向いてほしいときは、『自分のことをまず知ってもらうこと』そうすれば自然と距離が近くなります。相手にも自分にも心地が良いと思った関係の場合、好きだと素直に伝えることで、案外うまくいくものだと思いました。

外見にも気を遣い、年の差を感じさせないよう配慮しました。

恋愛は勘違いです。意識をすることで、相手にも自分にも「恋」の種を植え付けることが出来ます。そうしたら、あとは栄養とお水をあげるだけで育ちます。

心を大切に、思いやることが恋愛成就のコツかもしれません。

3.好きな人、片思いの人が同じ職場にいる場合

%e4%bb%95%e4%ba%8b%e6%81%8b%e6%84%9b

仕事中だから相手にプライベートの話をしにくいのではないでしょうか?

上司や先輩の目を考えると、なかなか行動できにくいですよね。そんな方へ好きな人と距離を縮められる方法を紹介します。

大勢いる社員の中では話しかけにくい場合は、好きな人が一人でいる時を狙って、さりげなく世間話をしてみると良いでしょう。私はこの方法で毎朝一番に出勤する職場の片思いの人に話しかけていました。他の人が出勤するまで10分位時間があったため、最初は当たりさわりのない世間話からしました。天気の話や外に飛んでる鳥の話などを中心に、途中で誰か来て聞かれても不思議に感じない話をしました。好きな人とは部署も違い仕事中はほとんど接点もなかったため朝のこの時間は貴重でした。

最初のポイントは話の内容や会話にかけた時間よりも好きな人にあなたの顔と名前を覚えてもらうことが大切です。

あなたの存在を知ってもらわなければ恋愛の対象にもならないため、私のように好きな人と部署が違い、仕事中に接点がないという方は、彼が一人でいる時間を探してさりげなく話しかけてみて下さい。それが難しい方は好きな人と出勤時間、または退勤時間を合わせて駐車場で会うフリをして話しかけてみるのも良いでしょう。毎日でなくても好きな人に忘れられない程度でもいいと思います。

あなたから好きな人に色々と話しかけている中、好きな人もあなたに興味がある場合、相手から話を切り出してくれるようになります。そうなれば好きな人と一気に距離は縮まります。ですが男性の中には女性との会話が苦手な方や恥ずかしがりやな方もいるため、好きな人が嫌がったり避けるような様子があれば距離を置いて様子を見るといいと思います。もしかしたら彼女持ちや既婚者だったりする場合もありますからね。

そして、ある程度好きな人と話ができるようになれば、連絡先を聞きやすい雰囲気になります。その前に好きな人から食事の誘いがあるかもしれません。まずは行動あるのみです!職場に好きな人がいる方は好きな人が一人でいる時を見つけて世間話から話しかけてみてください。

4.片思いの人にどうやって告白したらいいか分からない人へ

%e5%91%8a%e7%99%bd%e6%96%b9%e6%b3%95

誰かに片想いをしている時に告白をしようかどうか、するとしたらいつ、どこで、どうやって告白しようかと悩んだことはないでしょうか。

付き合いたいけどフラれたくない、相手がどう思っているのか分からないなど不安は色々ありますよね。

そこで今まで告白で何度も泣き笑いしてきた私が、告白のポイントを紹介してみます。

告白のパターンは大きく分けて2パターンあると言えます。

1つは『ストレートにまっすぐ伝える』、もう1つは『相手の反応などを確認しながらじんわり』といった方法です。

それではそれぞれの方法はどういった相手に良いのか、ちょっと考えてみましょう。

①ストレートに伝える場合

もし相手とすでにかなり面識があり、友人や同僚などとして付き合いが長いのであれば、ストレートに告白することをオススメします。

なぜなら付き合いが長ければ長いほど告白するタイミングというのは難しくなり、仮に相手もあなたに好意を持っていたとしても慎重になりがちだからです。もちろん付き合いが長い分、フラれた場合の心配はあるでしょう。しかし思い切って想いを伝えることで、あなたの気持ちを知り、相手も積極的になる可能性もあります。

基本的に告白をされて嫌な気分になる人はいないので、まずは素直に好意を伝えてみましょう。

②相手の反応を見ながら告白する場合

逆に、お互いのことをまだよく知らない場合や相手の恋愛経験が少ないような時は、焦らずゆっくりと攻めてみるのが良いでしょう。

もちろん初めから強気に一直線で、というのも悪くはありませんが、恋愛に限らず人とのコミュニケーションにおいて最初の印象は非常に肝心なため、最初につまずくとそのマイナスイメージを払拭するのはなかなか大変です。そのためまずはさりげなく自分のアピールをするなどして、相手に興味を持っているということを気付かせたり距離を縮めることから始めると良いでしょう。

告白はする前はあれやこれや考え過ぎて不安になってしまいがちですが、実際にしてみると相手も待っていたとか軽くOKしてくれた、なんてケースもとても多いです。まずはあまり深く考えずに、『相手も好きでいてくれたらいいな』ぐらいの気持ちで想いを伝えてみると良いのではないでしょうか。

5.好きな人に告白する前に2つのことができているか確認!

%e5%bd%bc%e6%b0%8f%e4%bc%91%e6%97%a5%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%aa%e3%81%84

好きな男性ができたのだけれど、相手は自分のことをどう思っているかが分からない・・そんな片思いをすると毎日彼のことが気になって仕方ありません。

彼の一挙一動に喜んだり悲しんだりと振り回される日々がいつまで続くのか、いっそ告白したい!と思ったらどの様な行動をしたら良いのでしょうか。

①まずは自然に挨拶ができる関係になること

ただ顔を知っている、名前を知っているだけの相手から急に「付き合って下さい」と言われても、男性としては困惑するだけです。

まずは自分について大体どんな人かということを知って貰い、少なくとも告白した時に「びっくりしたけれど嬉しい」と思われる存在になることが大切なのです。片思いの男性に告白したいと思ったら、まずは機会があれば挨拶をして、顔と声、表情を覚えて貰いましょう。

私は片思いの相手にまずは挨拶の他に「久しぶりですね、出張どうでしたか?」、「朝早いの得意そうですね」など、一言付け加える様にしました。その結果「今日は告白するぞ」と気合を入れた日に、彼の方から「どうしたの?何か言いたいことでもあるの?」と口火を切ってくれたのです。

お蔭でスムーズに告白ができました。

②相手の話を聞いて忘れないこと

男性も一緒にいて楽しいと思う女性に対しては、告白された時に「まずは友達から」という気持ちになるものです。普段から片思いの相手と会話をする時には聞き役に回り、その内容を忘れない様にしましょう。

私は相槌を打つ時には「そうなんですか」ばかりではなく、「○○が好きなんですね」など、相手の会話の内容を繰り返す様にしました。そして何かの折には「○○が好きだって言ってましたよね」と言うと、彼が「いつ話したっけ?良く覚えているね」と言ってくれることがあったのです。

それで私が彼に対して好意を持っていることが伝わり、告白した時には「知ってたよ、待ってたんだ」と言ってくれました。

片思いに悩んで言い出せないままだと他の女性に取られてしまうこともあります。まずは普段から少しずつ彼との距離を縮めていき、タイミングを見て告白をする様にしましょう。

6.片思いの好きな男性を振り向かせた私の方法

好きな人に振り向いてもらいたいと思っている人は少なくないでしょう。

私もかつて同じような境遇にいたのですが、気になっている人と両想いになって晴れておつきあいすることができました。今回は、そんな私の体験談を元に、好きな人に好意を抱いてもらえるコツをご紹介しましょう。

①まず、とにかく気軽に話せる関係になることが大切です。

あいさつから始めて軽い世間話ができるようになれば、距離もだいぶ縮まるはずです。好きな人と話すときはつい意識して緊張してしまうかもしれませんが、うまく話せなくても笑顔を絶やさなければ嫌われることはまずありません。相手が話好きであれば、にこにこ話を聞いてあげるだけでも十分です。

②次に、ちょっとした気遣いを見せることが大切です。

好きな人が同じ職場の人なら「お疲れ様です」と声をかけてあげたり、ちょっとした差し入れをあげるのも良いと思います。あくまで相手目線で考えて、自己満足にならないことが大切です。

好きな人とある程度仲良くなったら、お酒の席などで恋話を振ってみるのもありでしょう。好きなタイプや理想のデートなど、恋愛を連想させることを話題にするのです。「〇〇さんの彼氏(彼女)になる人が羨ましいな」など、ちょっぴりどきっとさせる言葉を敢えて口にしてみるのも、気を引くために効果的でしょう。

また、ボディタッチは効果的と言いますが、個人的にはあざとい感じのボディタッチはあまりよくないと思います。

③逆に、自然なボディタッチは結構ぐっときます。

今の彼氏と付き合う前に一緒にバスに乗ったことがあるのですが、急ブレーキで倒れそうになった私を彼が掴んでくれたときはかなりドキドキしました。今思えば、その件があって彼を意識するようになったのかもしれません。倒れそうになるのを支えてあげるとか、蚊が止まっていたから軽くはたいて追い払ってあげるとか、そういった相手のためを思って出た行動に伴うボディタッチはかなり好感度が高いです。

7.気になっている女の子を振りむかせたいときの俺の方法

気になる女の子ができたとき、片思いするだけでなくできれば彼女にしたいと思うと思います。

ここでは、気になる女の子を振り向かせる方法をご紹介します。

条件としては1つだけあります、それは、

「彼女にしたい女の子に嫌われていない」

ということが条件です。嫌がられるようなことをしていなければ嫌われているということはないと思うので、ほとんどが大丈夫でしょう。ではここからは実戦です!

ステップ1 ラインはもちろん交換する。

これは鉄則です。連絡先を知らないと始まるものも始まりませんね。ラフにライン教えて!というだけでもいいですし、何か理由をつければ簡単に聞くことができます。

ステップ2 相手の返信ペースに合わせて返事をする。

早く返事があればすぐ返し、早くなかったり既読無視常連の相手だったら1日おきくらいに連絡しましょう。

ステップ3 会う時間をつくる。

これ早ければ早いほど良いですね。ラインでちまちまやり取りするより、返事がある程度のスピードでくるようになったら会う約束をつけましょう。遊ぼうとさそうか、ラインで知った趣味に合わせて誘うなど相手が乗り気になるような用事をつけると良いです。

ステップ4 告白

ここまでのステップまで遅くても1か月までに進みましょう。たまに相手のことをもっと知ってからでないと、、などという人もいますが付き合ってみてから考えていけばいいのです。大切なのはスピードです。どれだけ魅力のある人でも時間が経ちすぎると仲の良い友達枠に入る可能性があるので早めの方が異性として意識している場合が多いのであまり時間はかけないようにしましょう。

うじうじしていては男らしさの評価も下がってしまいます。強引すぎも引かれてしまいますがある程度の強めの押しは初めは特に効きますので強めで自信を持って接していくべきです。

告白する前からタイミングがあれば好きだと言ってしまうのも一つの手です。友達には言わないような言葉を伝えておくことで相手の記憶に残りますよね。

大切なのは相手の生活の中で自分のことを考えてもらう時間を増やすことです。

常に相手の脳に自分の存在が消えないようにすることを心がけてください。

これで気になる女の子を彼女にすることができます!是非試してみてください。

好きになった人に好かれない、好きな人が振り向かない!振り向かせ好かれる方法

2017.03.28