自分の外見や容姿に自信がなくて恋人(彼氏彼女)や好きな人に積極的になれない

彼女よ恋

「自分に自信が持てなくて積極的に行動できない」

と悩んでいる人は多いと思います。

自分の外見や容姿、スキルやトーク術など、長けているものが無ければ、

  • どうせ無理だろう、
  • 嫌われたらどうしよう、
  • 自分じゃダメだ

などネガティブ思考になり勇気が持てなくなります。

ここでは実際に自分に自信が持てなかったことから失敗した恋愛体験談を紹介します。

1.自分に自信が持てなくて好きな人が出来ても諦めてしまう人へ。

%e5%bd%bc%e6%b0%8f%e5%bd%bc%e5%a5%b3%e5%86%b7%e3%82%81%e3%81%9f

世の中の男性の中には、自分の容姿に自信が持てず好きな相手に告白しても無駄だろうと諦めている人は少なくないのではないでしょうか。

それはつまり容姿が良い人は告白すれば大概上手くいくだろうと思っているとも言えるかもしれません。

確かに容姿の良い人は告白される機会が多かったり、自分の容姿が良いおかげで告白も受け入れられることが少なくなかったりするかもしれません。しかし、例えば街中を歩いているときに、こう言っては失礼ですが明らかに容姿のバランスが取れていないカップルを見かけるとこはないでしょうか。そして、その見かける頻度は決して珍しくはないはずです。

例えば男性は決してお世辞にもイケメンではないのに、モデルのような女性と連れ添っていたとして、それを見て自分に自信を持てない男の人の中には「多分あのカップルの男性は相当お金持ちなんだろう」とか「一流企業の社長なのかもしれない」というような類のことを思う人もいるのではないでしょうか。何かステータスがあるから素敵な女性とお付き合いできるという発想は、自分に自信がない男性ほど思うものです。しかし、実際には容姿が悪かったり、特別なステータスがなかったりしても素敵な女性とお付き合いしている男性はたくさんいます。

それは私自身や私の友人の実体験であるからあながち間違いではないと思います。そんな私が意中の女性とお付き合いするためのポイントを挙げるとするなら、それは自信でもステータスでもありません。

ただ一つ、「行動力」です。

自分に自信がない人は自分から行動を起こすことができないため相手からのアクションを期待してしまいがちですが、

元来女性は臆病な生き物だと言われており、肉食系女子という言葉が横行するこのご時世でも、男性からのアプローチを期待している女性は多いです。女性にとってたとえアプローチしてきた男性の容姿やステータスが好みではなかったとしても、男性からの積極性の見える好意には頼りがいを感じてくれますし、まめな優しさには好意を感じてくれます。恋をすることに臆病になるのは男性だけではなく女性も同じなのです。自分に自信がないからといって消極的になったり諦めたりするよりも、意中の人がいるのであれば積極的に行動を起こすことが恋愛成就には何よりの近道です。

2.自尊心の低さとネガティブ思考は必ずバッドエンドへ繋がる

私の恋愛における最大の悩みは自尊心の低さと極度のネガティブ思考です。

これはあくまでも私の予想ですが、私と同じように恋愛に対して消極的で、自分に自信がないから相手の判断に任せっきりだったり、後ろ向きに考えてしまう人は数え切れないほどいると思います。

しかし、私はその自信の無さ故に、「こんな自分を好きになってくれる人がいるのだ」という考え方をしてしまい、嫌われないようにするために相手の言うことを極力聞き、何でもリクエストに答えてあげるような都合の良い女になってしまいました。その結果、もてあそばれて捨てられた訳ですが、そのお陰で今の強い私があります。

恋愛において、自分に自信が無いというのは本当に大きな悩みで克服は非常に難しいですが、そんな時こそ冷静になって考えて下さい。自分と相手の愛情は常に50%ずつが理想だと思います。どちらかが深くのめり込み過ぎたりすると、バランスが取れなくなり必ず傷付く事になります。また、男性は追いかけるのが好きな人が多い友人からアドバイスを得ました。

嫌われない努力よりも、”嫌われても気にしない!”というぐらいの強い心を持っておく事が大切です。また、自信が無いというのは私もそうですが、自分にも非があると思います。例えば、私は体型がコンプレックスで自信をなくしていましたが、体型などは自分の努力で超えられるポイントです。顔に自信が無いという人もメイクを学び、内面を美しくする努力をすれば必ずより良い自分になれます。自分の自信の無さ、というものがどこから来ているのかをまず考え、今の自分に出来る努力を全て行って、それでも自信が持てないというなら、ありのままでも愛してくれる相手が現れるのを待つしかありません。

これは私が悩んでいた時に親友に言われた言葉なのですが、『自分が愛せない自分なんて誰も好きになってはくれないよ』と言われました。自信を持つのは非常に難しい事ではありますが、自尊心の低い人のネガティブ恋愛の末路は必ずバッドエンドだと思います。相手のせいにしたり任せっきりにする前に、自分の事を良く見つめ直す事が大切です。

3.自分に自信がなければ、自信が出るように変える!

高校生の頃、クラスに好きな男子がいました。素敵な笑顔に一目ぼれをしたのですが・・・一度も話したこともなく、話す勇気もない状態でした。

ある日授業の事で少し話す機会があり、彼と話していたときに、つい告白してしまいました。

彼はとってもビックリしていて、「友達からなら・・・」と言ってくれました。

そのまま連絡先を交換し、毎日連絡をする仲になり、ただのクラスメイトより前進した!と喜んでいました。けど彼の周りには女の子がたくさんいて、いつも不安になっていました。私は付き合ってるわけではないし、”女の子と絡まないで!”なんて言えません。

ある日彼に、二人で遊びにいかない?と誘われました。

私は自分に自信もなく太っていたため隣で歩くのが恥ずかしいと思い、断ってしまいました・・・。せっかく好きな人に誘われたのに、告白までしたのに馬鹿みたいだって落ち込みました。それから彼を避けるようになり、彼も私に干渉しなくなりました。

その事を友人に相談すると・・・、

「自信なんて自分でつけるしかないんだよ!本当に好きなら自信をつけるためにできる事がたくさんあるはず!」

とアドバイスを頂いて、私は自分磨きをすることにしました。

まずはダイエット。2ヶ月で8キロ落としました。

髪のケア、肌のスキンケアも徹底し、自分の「自信のない所」のすべてを、「自信がある所」に変えました。

自分に自信がつくと、彼の周りにいる女の子の事を気にしないようになりました。

ずっと避けていたので、少し気まずかったけど・・・今度は私からデートに誘ってみました。初デートでは太ってた頃に着れなかった可愛い服を着ていきました。待ち合わせ場所で会ったときに彼が一目見て可愛いといってくれてすっごくうれしかったです。

その日、デートを楽しく過ごして・・・帰り際にまた私から告白しようとしたときに「前より可愛くなったのって、俺のためだったりする?
もしそうだったら嬉しい。俺と付き合ってくれませんか」と彼から告白してもらいました!

嬉しくて涙がでました。

今まで自分に自信がなくて、告白より前に進めなくて・・・。でも友人の言葉があってがんばろうって気持ちになり、恋が叶いました。

自信のない所を、自信のある所にする。これをするだけで、きっと何かが変わります!

4.男性の外見コンプレックスの恋愛は隠さないのが一番!

僕は小学生のうちから髪が薄く、ずっとそれで悩んでいました。しかし、今では美人の妻と結婚することができ、幸せな家庭を築いています。

今回は、そんな外見にコンプレックスを抱える方が恋愛するときに注意するべき点を紹介します。

・どうして妻が薄毛の僕を選んでくれたのか

以前、妻に「どうしてこんな薄毛と結婚する気になったの?」と尋ねてみたことがあります。

その時、妻が僕に話してくれたのは、

「薄毛であることを気にしていなかったからかな」

と言うことでした。

妻と付き合う前、僕は妻を笑わせるためにたくさん自分の頭皮をネタにしていました。

また、妻にも「ハゲいじりしていいよ」ということを伝えていたため、お互い僕の薄毛をネタに大笑いしまくっていた記憶があります。

これがもし、ハゲを気にしていたらどうだったでしょうか?

僕は頭皮を隠すためにウジウジしたり、風や照明を気にしたりと、女々しい姿ばかり妻にさらしていたでしょう。

また、妻も頭皮について話題にならないように、「すべる」「光る」「薄い」などのキーワードを出さないように会話をしていたかもしれません。

これではお互いに楽しい時間を過ごすことはできませんよね。

・女性が付き合う相手を選ぶ基準から考える戦略

多かれ少なかれ、女性は「自分をどれだけ長い間幸せにしてくれるか」を付き合う基準にしています。イケメンがモテるのは、見ただけで幸せになるからに他ありません。

デブやハゲなどの外見コンプレックスを持つ男性が採るべき戦略は、そこにあります。

1.とにかく相手を笑わせること。

自分の容姿を利用して笑わせることです。笑っている間、女性は幸せを感じます。つまり、笑わせる時間が長ければ長いほど、付き合える可能性は上がっていくのです。

2.卑屈にならないこと

デブやハゲで笑わせるときに注意したいのは卑屈にならないことです。僕が注意していたことは、ハゲいじりされたら「まだハゲてないわ!」とツッコミすること。そうすることによって、卑屈さのない自虐ができるのです。

外見コンプレックスは辛いものです。しかし、それを乗り越えた姿を見せることで、女性に男らしい姿を見せることができます。

ピンチはチャンス!最初はしんどいですけど、がんばってみてください!

5.こんな私でいいの?と自分に自信がなくなり、不安でたまらない

私の幼馴染のSちゃんは飲みに行って恋愛の話になると必ず「私でいいのかな」と言って不安がってばかりでした。

なぜかといえばSちゃんはとても太っていたからです。Sちゃんは子供の頃からずっと変わらぬ体型でしたが、恋人ができるまでそんなことを言ったことは一度もありませんでした。

明るく朗らかで周囲の人に気配りができるしっかり者のSちゃんを私は大好きでしたし、そんなSちゃんを慕って男女問わず大勢の友人がいました。ところが恋人ができてからのSちゃんは落ち込んでばかりで、どんどん笑顔が減ってしまったのです。

Sちゃんの恋人はTさんといって、Sちゃんの職場の先輩です。新入社員だったSちゃんは熱心に指導してくれた先輩のTさんにしだいに惹かれていきました。でも職場で気まずい雰囲気になったらいけないと、Sちゃんはずっと告白せずにいました。

すると入社2年目のある日、Tさんから告白されて付き合うことになったのです。交際を報告してくれた時のSちゃんは最高に幸せそうでした。ところがその後、急激にSちゃんからハっピーなオーラが消えていきました。

きっかけはTさんとのデート中に、Tさんの昔の友達にばったり出くわしたことでした。Tさんは満面の笑みで「俺の彼女のSさん」と友人に紹介したそうです。そして友人も連れていた彼女を紹介したそうなのですが、その彼女がSちゃんにはとても美しく見え、その瞬間にSちゃんは初めて「Tさんの彼女がこんな私でいいのだろうか。Tさんに申し訳ない」と感じたということでした。

それからSちゃんは大好きなTさんと街を歩くことが怖くなってしまいました。Tさんが「あんな女を連れている」と周囲に言われてしまうのではと不安になるのだそうです。そんな態度のSちゃんを見かねたTさんは「俺といても楽しくない?」と聞いてくるようになり、雰囲気はみるみる悪化しました。TさんはSちゃんの本音がわからず、一緒にいてもつまらないのかと誤解したのです。

私はなんとかして二人の仲を修復してほしくてSちゃんと一緒にTさんに会いました。Sちゃんの気持ちを伝えるとTさんは目を丸くして驚きました。「俺はSちゃんが大好きだし自慢の彼女だから、勝手に不安になられたら困るよ」とたしなめられ、ようやく本来のSちゃんに戻りその後二人は結婚しました。

恋をしたら急に自分に自信がなくなったという人もいると思います。でも自分を卑下して悲観しすぎると愛しい人との雰囲気は悪くなる一方です。落ち込むのではなく、自分の良さに磨きをかけるつもりで恋を楽しんでくださいね。

6.人と比べるのを止めて、自分の良いところに気づく

私はすごく好きな人がいたのですが、特に自分は可愛いわけでもありませんでしたし、明るい性格でもなくて、さらに人見知りだったので自分から積極的に好きな人に話しかけるといったことはできませんでした。

いつも周りにいる女友達のいいところばかり目につき、そのほとんどが私が持っていないものばかりで自分と比べて落ち込むという毎日だったのです。

そのため自然と気持ちも暗くなり、好きな人と話す機会があっても自分から避けてしまったりして全く発展しませんでした。でも、そんなんじゃだめだよと友達に言われたことで少し目が覚めたのです。

周りと比べてばかりだと絶対に幸せになれないと言われましたし、人にあって自分にないものを探すんじゃなくて自分にあるものを探していかないと不幸になるばかりだと言われたのです。

こんな当たり前のことを人に言われるまで気が付かなかった自分も恥ずかしいと感じました。

それにこんなに自分に自信がない女子を好きになってくれる男子がいるわけないということも気が付いたのです。それからは、なるべく人と比べないようにして自分が持っているいいところを何個も探して書き出すようにしました。

そうすることでだんだんと自分に自信がついてきましたし幸せな気持ちにもなってきたのです。

自分に自信が持てるようになると、自然と好きな人にも話しかけられるようになって仲良くなることができました。まだお付き合いできるレベルではありませんが、今後もこの姿勢で頑張ろうと思っています。

今人と比べてしまって自分に自信がなく好きな人にアピールできない人は、人と比べるのをやめてください。そして自分の中にあるいいところを探して書き出してみるのです。

そうすることで少しずつ自信がつき、自分から好きな人に自然と話しかけられるようになってきます。自信がないとそれだけで暗い雰囲気になってしまって、異性から興味を持ってもらえません。誰にでも他の人にはないいいところが絶対にあるはずです。

そこに気が付きそこを伸ばすことでどんどん自分に自信がつき自分を好きになれ、自然と好きな人に話しかけられるようになっていきます。

7.デブでブスはコミュニケーション能力をあげる!

自分はブサイクだし、太ってるし、お金もないし、モテるはずがない、彼女なんて出来ない、そう考えて半分諦めている方を多々見かけます。しかし、町中で見たことありませんか?あきらかにメタボな人なのに、そこそこ可愛い人と手を繋いで歩いているような光景を。

それは確かに限度というものがあります。例えば体重が200kgあるような人は、確かにモテません。私の知る限りでは、100kg前後程度であれば、モテない事もありません。というのも、実は女性は男性よりも、外見をさほど気にしない人が少なからずいるのです。

モテないのはブサイクだからでも、太っているからでもありません。コミュニケーション能力の欠如が原因となっているパターンが多いのです。

私はかつて兄にこう言われたことがあります。

「太っていても面白ければモテる」と。そう言われてから、100kgある私は、とにかくコミュ力を磨きました。お笑い番組を見て、使えそうなワードを取り入れたり、こういうときはこう返せばいいのかと自分なりに勉強しました。

時間はかかったものの、飲み会などでムードメーカーになるまでには成長しました。太っていて決してイケメンではないにも関わらず、10歳以上年下の女性に告白された事もあります。30代の頃が一番モテました。そしてコミュ力で重要なのが、ツッコミの力をつける事です。

相手の話をしっかりと聞かないと的確なツッコミというのは出来ません。ツッコまれた相手は「私の話をしっかりと聞いている」と思ってくれます。女性にとって、話を聞いてくれる人というのは重宝されます。女性のボケに対する即座のツッコミは「あ、この人頭いい人だ、頭の回転が早い人だ」と思われる要因にもなり、プラスに働きます。

相手に面白いと思わせると、それだけでモテたりしますので、容姿がよろしくない人は、コミュ力、トーク力を磨けば、それなりにモテるようになるのです。決して諦めることはないのですよ。