恋人(彼氏彼女)とのメールやラインの連絡頻度は?返事がないけど送りたいときの対処方法

彼女よ恋

「私たち付き合っているんだし、ラインなんて好きな時に送れば良いんだよ!」

「メールの返信ないけど、どんどんメール送っちゃえ!」

など、自分の連絡頻度を相手に押し付ける行為をしていたり、

“恋人とメールやラインで繋がっていたい!”

“関係ない内容でも連絡を取り合いたい!”

と感じている人は多いかと思います。

⇒「本当はどれが正解なの?」

と悩んでいる人に向けて、ここでは実際に恋人とのメールやライン頻度の違いで悩んだことのある経験者のアドバイスと体験談を紹介します。

現在、恋人とのメールやラインに不安や不満を抱えている人の解決に役立てば幸いです。

1.追求メールを送りたい気持ちをグッと堪えれば長続きする?

%e5%bd%bc%e6%b0%8f%e3%81%8c%e9%80%a3%e7%b5%a1%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%8f%e3%82%8c%e3%81%aa%e3%81%84

とくに恋愛初期の段階は、こまめにメールを送りたくなってしまうものです。恋愛初期とはここでは「付き合い始め」としておきます。片思い中も「恋愛の初期段階」といえなくはないのですけれど、しかしながら「付き合っているか」、「付き合っていないか」でお互いが相手にできる範囲も大きく変わってきますからね。

そして、まだ付き合う以前の「片思い段階」の方が何かと自制が効くものです。ですから失敗をしてしまうことも防ぐことができるのですが、けれども「付き合い始め」ともなりますと、そういったセーブの気持ちがとっぱらわれてしまうのです。そして何かと失敗をおかしやすい…と。

恋愛の初期段階である付き合い始めというものは、「付き合うことになった!」「相手も私のことを大好きだからOKだ!」という超絶ポジティブ思考になりやすいものなのです。そして自分の欲望のおもむくままに相手にグイグイと行ってしまって、そして破局をむかえてしまうことにもなりますからね。

恋愛の初期段階でもある程度気持ちを引き締めて、そして高まる気持ちをある程度セーブできるかどうかで、その後のお付き合いの長さが変わってきますからね。つまり、恋愛初期においてあまりにも欲望のままに突っ走ってしまったら、恋愛自体を短命で終わらせることになり兼ねないというものですから。ですから自制が必要なのです。

とくに「メール」に関しては注意が必要です。恋愛の初期段階というものは、恋心が暴走しやすいものですからね。交際相手へのメールの内容もさることながら、メールの頻度も人によっては本当に「しょっちゅう送っている」ぐらいの間隔になりがちです。

しかし相手によっては本当に控えた方がいいのですよね。そりゃあ交際始めの頃は気持ちも燃え上がっていますし、相手にしょっちゅうメールを送りたくなる気持ちもわかります。そして、相手からのメールの返信もすばやく欲しいのもわかります。

そして更には、メールの返信がすぐに来ないと、イライラや不安な気持ちが募るのもわかります。しかしここで我慢です。返信がないからといって、アクションを起こしてしまっては、そこからトラブルへと発展していきますからね。

恋愛初期の高ぶる気持ちを外に出したいのはわかりますが、相手へのメールに出してしまいますと、メールの返信が遅かったりした場合には、自分のストレスともなりますので、そこはグッと我慢です。

そしてその高ぶる気持ちは鍵付きのプライベートブログなどに吐き出しておくといいでしょう。地味でかっこ悪いことのように思うかも知れませんが、意外と効果があるものなのです。

相手にメールを送りたいような時や、はたまた相手からのメールがなく気持ちが落ちてきてしまった時などには、誰にも見せない鍵付きのブログなどに心境を吐露することで、大分気持ちが軽くなりますからね。

この方法にて相手に気持ちをぶつけすぎない対策ができるでしょう。そして、恋愛初期段階における気持ちの高ぶりをクールダウンすることができますので、恋愛が長続きする結果となることでしょう。

2.メールの返信をあまり返してくれない彼氏に返してもらう方法

彼氏 連絡

恋愛中に実際に会った悩みを紹介します。

私が昔悩んだこととは「あまりメールの返信をしてくれない」という悩みです。

質問系で返せば帰ってくるのですが、とりとめのない日常をメールで送るとあまり返事が返ってきません。私はちょっとでもいいから返事が欲しかったのです。

また、夜、私が送ったメールで会話が終わっても、翌日彼からメールをくれる事はめったになかったです。夜私からメールが終わったら私から朝入れないと送ってきません。

メールが冷たいと何か嫌われるようなことをしたのかな?とか、他に好きな人が出来たのかな?と不安になってしまいます。もちろん直接会ってデートするときは冷たいとはあまり感じないのですが、メールだと何故かそっけないのです。直接、彼になぜメール返してくれないかと聞いたら、メールはあまり得意でないと言われました。

メールだと何を送ったらいいのか分からないのだそうです。もちろんそれは彼の性格だから仕方ないのですが、ちょっとぐらいは頑張って送って欲しいというのが私の気持ちでした。きっとそういう男性って多いと思います。そこで私が取った対策は「一度メールをうつのをやめてみました」。

彼が返信してもあまり返さなかったり、長文で返すのをやめたりしました。そうしたら彼から電話があり「大丈夫?」と言ってきました。私が返信をしなかったから少し不安になったそうです。そして私は「ちょっと忙しくてメール返せなかった、ごめん不安になった?」と聞いてみました。

それがきっかけで彼はメールが返ってこないことがどれだけ不安になるか分かったみたいで、それ以来短文でも返してくれるようになりました。ですので、たまには相手にも自分の気持ちを分かってもらうのもいい方法だと思います。ですが、ここでやってはいけないのが相手を必要以上に攻める事です。「何で返さないの!」と何度も言ったりすると相手は嫌がってしまうので、言葉で言うのではなく、自分の気持ちを身をもって分かってもらうというのがポイントです。

メールの返信がなかなか返ってこなくて悩んでいたら是非、参考にしてくださいね。

3.彼氏が返信してくれるようになるメールやラインのコツ

遠距離恋愛 束縛

付き合う前や付き合った後に、彼がメール(ライン)の返信をしてくれなくなったという人もいると思います。そのような悩みを持つ人は、これから紹介する方法を試してみてください。

彼が返信をくれない理由はいくつかあります。

一つは忙しくてチェックしている余裕がないことです。

次に、返信の仕方に困った挙句放置している場合です。

また、もうこれ以上の返信は不要だと思っているケースです。最後に、そもそも面倒くさくて返信してないパターンです。

彼からの返信がほしいなら、メールの内容や頻度を工夫してみてください。

私が試してみたのはまず、必要なこと以外のメールを控えるという方法でした。

例えばデート前は待ち合わせの日時の打ち合わせや、場所の確認などをしますよね。当日も「今日はよろしく」のようなメールを送ります。デートが終わったらお礼と、場合によっては次の予定が空いている日を聞いたりします。その他にメールするのは、どうしても彼に聞いておきたい要件があった時くらいでした。

また、メールを送る内容にも気をつけました。せっかくのメールを楽しくするなら、男性が受け答えしにくい話題や、ネガティブな話題は避けるようにします。返答に困る内容だと放置してしまいがちですし、暗い話題は聞いている方まで暗い気分になってしまうからです。なので彼にメールを送る時は、彼でもわかりそうな話題や明るい話題を選ぶようにします。

これらのことを実践してみたところ、彼が前よりも返信をくれるようになりました。返信しやすかったり、彼でも興味を持てる内容ならすぐに返事をくれる可能性が高くなります。

またダラダラと続かない、しっかりと完結する内容のメールなら彼も面倒くささを感じないでしょう。必要な時しかメールが来ないとわかっていれば、送られてきたメールは重要度の高いものだと思ってもらえますし、彼の手も煩わせません。ずっと彼と繋がっていたいと考える人には厳しいかもしれませんが、彼からの返信がほしいなら上記のことを意識して実践した方がいいですよ。

4.彼氏から連絡が少ない時の対処方法は「ルールを設ける」こと

%e5%bd%bc%e6%b0%8f%e3%80%80%e9%80%a3%e7%b5%a1

大好きな彼とせっかく付き合うことになれたと思っても、連絡を取りたい頻度はさまざまで、どのくらいの頻度で連絡をするかということで喧嘩になってしまうカップルも多いのではないでしょうか。

私は毎日でも電話をしたいし、ラインも一日に数回やり取りしたいと感じる方です。しかし、彼の方は連絡にまめな方ではなく、会っていないときは目の前のことに集中したいタイプでした。

2人とも社会人なので会えるのは1週間か2週間に1度です。

会えないときでも何かしら連絡を取りたいと思うのが普通ではないでしょうか?

私は会わないときは連絡を取らなくとも平気だと言っている彼の価値観が理解できませんでした。

その結果「なんで電話をくれないの?」、「なんでそんなに頻繁に連絡をする必要があるんだ」という喧嘩をたくさんしました。しかし、話はいつも平行線で、お互いがお互いの主張をなかなか譲れませんでした。それでも実際に喧嘩をする中でわかったことは、連絡マメにすることが苦手な彼に頻繁に連絡してもらう人に変わってもらうことは難しいということです。

それでも、もちろん相手の言い分をすべて通すだけではこちらにストレスが溜まってしまいます。

そこで私たちは電話は毎週日曜の夜、ラインは3日一度は送るというお互いに妥協できる基準を設けました。それでお互いにその基準を守り、連絡の頻度に関するけんかをすることはなくなりました。

電話やラインなどの頻繁に連絡を取ることを好きな女子がその頻度の問題で彼と喧嘩するというケースは少なくないと思います。しかし、お互い好きあっているのですからお互いに納得のいく妥協点を話し合ってみるとうまくいくのではないでしょうか。

連絡ツールがたくさんある現代だからこそ、そのツールの使い方の価値観は人それぞれだと思います。価値観が違うのは当たり前ですが、付き合う以上はお互い話し合ってそれぞれが我慢しすぎない妥協点を探るのがうまく付き合っていく秘訣なのだと思います。

5.自分からの連絡頻度が多くて彼氏が冷たくなった人は、回数を減らすとうまくいきます!

彼氏が冷たくなってくるのは、他の女性と浮気しているからというのは定説のようなものになっていますよね。でも実際のところ、違う存在の女性との関係ができたから、彼氏が冷たくなるということではないということに私は気が付きました。

何か怪しい点があればすぐに「女性では?」と疑って考えることは、それは時と場合によっては必要になることもあります。とはいえそれだけのせいにしてしまうと、自分自身との関係だけに問題があるときに、人のせいにばかりしてしまうということもあると思いました。

そこで私は彼氏とうまくいっているときと、うまくいっていないときの自分の態度をゆっくり振り返ってみることにしました。

彼氏が急に連絡の頻度が落ちて、連絡が取れても文章もなんだか冷たいし、声のトーンもいつもと違うなと私が感じていたときと、彼氏から積極的に連絡がくるときの違いは、私の連絡頻度にあると思いました。

私が彼氏に対しての連絡が多くなるほど、彼氏はすぐに冷たくなっていました。私が彼氏に連絡の回数を抑えると、彼氏は慌てたように優しくなって連絡を積極的にとってくれるようになりました。

うまくいっているときは、私からの連絡の回数が少ないときです。彼氏の声を聞きたい、連絡を取りたいという欲求だけで連絡を何度もしてしまうと、男性側からしてみれば、別に自分は努力する必要もないと感じるのかもしれないと私は思いました。

もっと興味を惹かれるように工夫して、相手の身になる必要があると思いました。とりとめのない文章を延々と送られてきたら、私なら嬉しいだろうか? と考えたとき、最初はいいかもしれないけど、そのうちすぐにお腹いっぱいになるだろうな、という予想はついたからです。

女性側から何度も連絡をすれば、「俺から連絡しなくても、あっちからそのうちすぐ来るからいいや」となるので、もっと自分の感情をコントロールして男性側に追わせるようにしないと、飽きられるのも早いと思いました。

連絡回数が減れば、彼氏が積極的になるし、連絡の頻度も少ないことで実際に会えたときに、会っていないときに何をしていたのかお互い分からない、という部分がドキドキさせてくれるのもあるからです。

彼氏彼女の関係で会っていないときの連絡は、感情めいたことを交換するコミュニケーションツールではなくて、あくまで連絡ツールだと切り替えると、うまくいくという法則があるような気がしています。

6.恋人からの連絡頻度が落ちたらどうするべきか?考え方を改めよう

あれだけ頻繁に連絡を取り合っていたのに、気付いてみたら連絡頻度が以前より明らかに落ちていたり、こちらから連絡しないと向こうからの連絡がないといった状況になっている男女もいると思いますし、私も過去に連絡に関する悩みをもった経験があります。

連絡が少なくなる理由を挙げながら、それに対応する形で私なりに実践して改善することができた方法を紹介していこうと思います。

毎日という頻度で連絡を取り合っていたのに数日置きになるといった所であれば、場合によってはお互いの距離感が正常化したということもあるのでそこまで思い悩む必要はないと思います。

半年や一年ほど恋人として付き合っていて連絡頻度が多少落ちたというなら距離感も掴めないほどのラブラブな時期を越えて落ち着いた可能性もありますし、お互いが無理をしないで適度な距離感を保ちつつ、恋人としてやっていけるようになったともいえるはずです。

私自身も一年ぐらい付き合ってから連絡頻度が落ち着いたことを自覚したこともありましたが、そこまで深く思い悩んだり相手を追求することなく関係を続けたところ、そこからは連絡頻度がガタ落ちするということもなく、付き合っていけました。

問題は恋人となって間もないのに連絡頻度が急に落ちたというパターンです。

まずは相手の事情を察しましょう。

バイトや仕事などが忙しい身であれば連絡頻度が落ちることはこちらも許容しなければなりませんし、そこを追求してしまうと自分勝手ともなり、相手から逆に非難されてしまったり、関係が悪くなる可能性もあります。

連絡を返す時間もあるという相手であれば、相手を非難する前に自分に落ち度がないかまずは確かめましょう。

徹底的に自分に関する原因を洗い出し、なにか見つかったら改善して連絡頻度がどうなるか様子をみましょう。

私も自分を見つめ直してまずいかなと思った部分を修正したり、改善して向き合ったことで連絡頻度が復活したことがあるので、相手への追求や非難は最終手段だと思っておく方がいいです。

前触れもなく突然恋人からの連絡が途絶えたという場合は一番危機感をもって自分自身を見つめ直して改善すべきだと思いますが、相手の事情が大きく絡む可能性もあるので、関係に影響がでることも覚悟して話し合いの場を設けてお互いの改善策を見つけ出すことも考えるべきでしょう。

このパターンも経験がありますが、じっくり話し合うことで改善できることもあるということは伝えておきます。

関連記事:

好きな人や彼氏,彼女からのLineの連絡,返事,返信がこないと何も手に付かない状態の人必見!

彼氏から連絡が来ない時にメールやLINEをさせるメール5151の方法,やり方,効果

【釣った魚に餌をやらない彼氏の実情】付き合い初めて連絡も会う回数も減った時!

【忙しい彼氏や彼女への連絡のタイミング】連絡が来ない、減ったと不安な人必見!

【彼氏、彼女とのラインや電話頻度と通話時間の長さ】連絡の量はどれくらいが良い?

彼氏のLine(ライン)やメールの返信が遅い!返事が遅くて不安な時の対処法