【初めての恋人(彼氏彼女)に戸惑う】自信が持てなくて不安な時の解決方法

彼女よ恋

「初めて恋人ができた」

「付き合った恋人が恋愛初経験だった」

など、誰だって恋愛をするには初めてがありますが、多くの人たちは学生時代に経験済みです。そして20代を超える頃には学生時代の初々しさではなく、それなりに恋愛経験値を持って大人の恋愛に発展していきます。

しかし学生時代に恋愛をしたことのない方や、付き合った恋人が恋愛経験ゼロの場合、そのせいで”どうしたら良いの・・・?”と迷いや悩みが出てくることがあるかと思います。

そこでここでは、初めて彼氏彼女ができた人の体験談や、初めての恋愛経験をする恋人を持った人の体験談を紹介します。

それが皆さんの悩みの参考になれば幸いです♪

1.初めてのお付き合い。どうしたら上手くいく?

誰しも、最初は恋愛初心者だったはず。

今回は、初めて恋人ができておつきあいすることになった方へのアドバイスを、私の経験を元にご紹介したいと思います。

①初めてを打ち明ける

まず、パートナーとなる人には、正直に「付き合うのは初めてなんだ」と言いましょう。

経験がないのが格好悪いと思って隠したがる人もいますが、逆効果です。反対に素直になった方がずっと可愛いと思いますよ。「いろいろぎこちない部分もあるかもしれないけれど、よろしくね」と自分の弱い部分もさらけ出してくれる人は好印象です。私も昔、元彼にそう言われたことがありますが、特に嫌な気分はしませんでした。ああそうなんだ、私が初めての彼女なんだと逆に嬉しかったです。

②のろけ話はほどほどに

また、はじめてのお付き合いだと嬉しくてつい浮かれてしまいがちですが、周囲へののろけ話はほどほどにしましょう。恋人を優先したくなるかもしれませんが、友達との約束もちゃんと守りましょうね。困ったときに助けてくれるのは友達です。付き合いたての頃は恋人だけしか目に入らなくなるかもしれませんが、周りの人が離れていかないように、客観的に自分を見る目も忘れないでくださいね。これは私の実体験でもあります(汗)。

③パートナーを知る

他には、しっかりパートナーと向き合うようにしましょう。経験がないと人は「男・女とはこういうもの」などと先入観で物事を捉えてしまいがちですが、一度そういう色眼鏡は捨ててください。まっさらな気持ちでパートナーと向き合いましょう。恋人のことをじっくり知るためにたくさんお喋りし、たくさん一緒に過ごして、お互いのことを深く知るようにしましょう。

さらに、時にはぶつかり合うことも恐れないでください。どちらかが我慢していると、おつきあいは長く続きません。納得できないところや不満などがあれば、しっかり二人で話し合うようにしましょう。気をつけるのは、話し合う時に感情的にならず、冷静に伝えるようにする点です。そういったことも乗り越えられれば、二人の絆が強くなるはずです。

2.初めての彼氏に対して自分に自信がない女性の体験談

%e8%84%88%e3%81%82%e3%82%8a%e6%96%b9%e6%b3%95

恋愛に奥手な私が初めて付き合うことになりました。その時私は23歳。世間一般ではかなり遅い方に入ると思います。彼氏となった人は24歳で一つ年上でした。出会いは、街で友人と歩いていた時に、たまたま友人の彼氏も近くにいるということで挨拶をすることになりました。その時友人の彼の隣にいたのが私の彼氏となった人です。

私も友人の彼の親友と言うことで安心感がありました。彼も、私が恋愛をしたことがないというのを聞いていたそうで、私のペースに合わせてお付き合いをしてくれるとても優しい人でした。

しかし、付き合っていくうちに私は自分の自信のなさにとても落ち込みました。彼と二人で歩いていても、彼と釣り合いがとれているかとか服装はおかしくないだろうか、など色んな不安に押しつぶされそうになりました。また、私はあまりお喋りな方ではないので、つまらなくないかなといつも心配でした。彼もどちらかと言えばペラペラ話さない方なので、無言状態になることもしばしばありました。

彼が手を繋いできた時、緊張のあまり手が震えて体がカチコチになってしまいました。手の震えは彼にも伝わり、彼はすぐに手を離して「ごめんね」と謝ってきました。私は彼と手を繋げたことはとても嬉しかったのに、それを上手く伝えることができませんでした。

その日を境に私は彼と会うのがつらくなってしまったのです。彼に申し訳ない、釣り合わないと塞ぎ込みました。彼からの連絡にも応じられない日が増えていき、そのことがさらに自分を追い詰めました。

友人から心配して電話があり、私は自信のないことを打ち明けました。すると友人が「恋愛をしたことがないんだから、自信がないのは当たり前。でもそれと彼を好きな気持ちを諦めるのとは違う問題だよ。自信とか相手の都合とか考えられないくらい伝えたい気持ちないの?」と言われました。

私はその時に気付いたのです。自分の気持ちを無視していたことに。

私は彼に会いに行きました。そして彼に「私は自分に自信がありません。釣り合っているか心配です。でも、あなたのことは大好きです。その気持ちだけは変わりません」と言いました。てっきり別れ話をされると思って暗かった彼の表情はパッと明るくなりました。彼からすれば、私の心の中までは読めないので嫌われたとばかり思っていたようです。しかし今回私が勇気を出して自分の気持ちを伝えたことで、彼に私の心の中がどのような状態から理解してもらえました。

彼に今の気持ちを知ってもらう、その積み重ねが自信に繋がるのだと思います。

3.初めて恋愛経験をする彼女に対して戸惑った男性の体験談

きっと今の年齢で当時の彼女とお付き合いをしていれば、聞き手になり、じっくり包み込む様な恋愛が出来たのだろうなと回想してしまう時が今だにあります。

私は今、40代半ばの既婚者ですが、今から紹介する恋愛体験は、これまで味わった恋愛の中で違う意味として最も思い出深い体験となりました。

私が20代前半の頃に彼女は新人として入社してきました。年齢は同じ歳だったので、新人歓迎会の時も気にはなっていました。ものすごく人前では明るいのですが、何か影がある様なそんな感じでした。無理して人前で明るくしている様なそんな感じでした。しかし、何か不思議な魅力のある彼女と二人きりはなくても、5人ぐらいで良く飲みには行っていました。私は思い切って、今度、二人きりで飲まないかと言う話をすると、考えておくと言う思わせぶりな返事。その次の日に会社でOKの返事がありました。

彼女は何かを決める時には必ず即答はせずに時間を置きます。意外と慎重なのだと思いましたが、その時は若さもあって勢いで二人で飲んだ席で、飲む前にお付き合いのお話をしました。しかし、その時は少し間はありましたが、「少しづつ進んで行くなら」と言う慎重な彼女ならではの返事がありました。

いくつになっても、あの告白する時のドキドキからの歓喜は最高な気分です。

しかし告白から最初の食事での待ち合わせでの喫茶店で彼女は、私に会って直ぐに、もし嫌いになったら、別れても私は構わないからと言い出したのです。私はびっくりしました。最初のデートと言うものは、”ウキウキ&ワクワク”するものではないのかと思いきや、いきなりのネガティブな発言でした。後で、その発言の意図を聞いてみると、恋愛経験が少なく、自分に自身がないとの事でした。最初だからしょうがないと思っていたのですが、デートを1週間に1回のペースで重ねていた時、彼女はちょっと会うサイクルが多くないかなと相談されました。私は若さもあって、好き同士であれば、もっと会いたいと言う感情があるはずだと、語気を荒げてしまいました。

そんな感じでしたので、半年経つのにキスもありませんでした。キスを求めても、「ゆっくり付き合おうって言ったじゃん」と返されます。でも、他の仲間と飲みに行き、そこに女性がいたりすると怒るのです。

私は初めての女性のタイプに疲れてしまい、結局、別れる事になってしまいました。20代前半でしたが、中学生の様な恋愛経験でした。でも、今振り返ると彼女は私が思っている以上に初心で、本当に中学生ぐらいの恋愛からスタートしたかったのかも知れません。でも、そのスタイルに合う血気盛んな20代前半に、大人の様な対応は出来ませでした。まったく、私の周りにいないタイプだからこそ、良い思い出として自分の中で冷凍保存されているのかも知れません。

4.20代で初めてできた彼氏、どうしたら上手くいく?

最近は、20代以上でも恋愛経験の少ない女性は少なくないようです。かくいう私も、初めて彼氏ができたのは20歳を過ぎてからです。ここでは私の体験を元に、恋愛経験がほぼゼロな女性のために彼氏とのお付き合いの注意点をご紹介しましょう。

まず、恋愛はいつもロマンチックでドキドキするものだという先入観は捨てましょう。確かに甘くキュンとする瞬間もありますが、全部がバラ色なことばかりではありません。苦くてしょっぱいこともそれなりにあります。ドキドキする感情や高揚感も、初めの数ヶ月だけです。後にやってくるのは穏やかな気持ちですが、実はこの穏やかさにこそお付き合いの醍醐味があると、交際5年目の私は思っています。

また、初めての恋愛だと「重たい人」になりがちです。私も、「私だけを見て!マメに連絡して!とにかく会いたい!誰よりも私を優先して!」など彼氏への要求がとにかく多くなってしまいました。もし長くおつきあいしたいと望むなら、彼氏の置かれている状況も考慮して、あまり多くのことを望み過ぎないようにしましょう。

さらに、お互いに素が出せるように日頃から正直な気持ちで接するようにしましょう。見栄や虚勢をはっていてもバレてしまうものです。時に衝突し合うこともあるかもしれませんが、そういったことも恐れずに、常に裸の心で彼氏と接しましょう。私自身、彼氏に遠慮しすぎていたせいで不満が溜まり、我慢ができなくなりキレてしまったことがあります。彼もかなり驚いていたので、普段から言いたいことがあればその都度言う方がいいんだなと反省しました。

その他には、初めて彼氏ができるとつい嬉しくて浮かれてしまいますが、友達へのノロケ話はほどほどにしましょう。ちょっとくらいなら微笑ましいですが、いつも聞かされるのはしんどいものです。私も昔、自分のノロケ話に延々と付き合わせてしまった友人に対して、申し訳なく思っています。

さらに、彼氏ができるとつい彼を優先してしまいがちですが、友達も同じくらい大切にしましょう。あなたが悩んでいるとき、相談にのってくれるのは何だかんだいってやっぱり友達なのですから。

5.20代で初めてできた彼氏、どうしたら上手くいく?

男性にとって、初めての彼女は特別な存在だと思います。以前私は、今まで交際経験がなかったという男性とお付き合いしたことがあります。今回は、私の交際経験を元に、初めて彼女のできた男性が注意すべき点をご紹介しましょう。

まず、「女性は皆○○が好きだ」といった先入観を捨てましょう。「女の子は甘いものやキャラクターが好き」などという女性に対する世間のイメージは確かにありますが、すべての女性にあてはまるものではありません。「きっとああいうのが好きだろう」と思いこんで、勝手にデートプラン等を決めるのもNGですよ。彼女の好みは事前に聞いておきましょう。

女性はとにかく人に話を聞いてもらうのが好きなので、生返事ばかりにならず、ちゃんと話を聞いてあげましょう。悩みを相談してきたときは、アドバイスよりもまず「大変だったね」と彼女の悩みに共感してあげるのがポイントです。「○○にも悪いところがあったんじゃない」など、くれぐれも彼女を端から否定しないように気をつけましょう。この場合、正論よりも共感が大切なのです。

また、女性は行く場所によって服装や靴を選ぶので、もしあなたがデートの行き先を決めた場合、必ず事前に知らせてあげましょう。たくさん歩くデートコースなのに、彼女が歩きにくいヒールの靴で来てしまった場合は最悪です。カジュアルな格好の時に、サプライズで高級なレストランに連れて行かれても女性側はちっとも嬉しくないので、ご注意を。あなた自身も、TPOに合った服装や言動を心がけてください。食事のマナーなども、一通り知っておくようにしましょう。

その他には、彼女への連絡はなるべくまめにしましょう。何かに夢中になっていると疎かになりがちですが、彼女はあなたからの連絡がないと心配してしまいます。しばらく連絡が取れなくなるときも、できるだけ事前にその旨を伝えるようにしましょう。彼女の誕生日などもしっかり覚えて、ちゃんと祝ってあげてくださいね。

6.付き合った相手が初めての恋愛経験のときの注意点!

私が20代の後半に付き合った仕事場の同僚の女性は20代前半で初めての恋愛経験でした。これまでの人生で好きな相手はいたと話していましたが、付き合うことはなく10代を過ごしてきたと教えてくれました。

最初は恋愛経験があるものと思い込んでいましたが、彼女はそのことを話さずに私と付き合っている期間がありました。彼女はどんな時に初の恋愛経験だと話すべきかを悩んでいたようです。私が彼女とたくさん話したほうが恋愛は上手に進むと考えていたため、彼女は話す機会を作りやすかったと話していました。付き合っているため、互いが考えていることを自由に話し合える環境が大切です。

相手が初めての恋愛経験のときは、男性側が全般的にリードしてあげることが必要だと考えています。リードといっても相手の気持ちをきちんと理解して進める必要があります。自分勝手は相手の気持ちを傷つけていましため、相手ときちんと話し合うことがもっとも大切だと感じられました。

相手が現状でどんな範囲までを望んでいるのかを考えていくことも必要であり、こうしたことも含めて女性をリードすることだと分かりました。
初めてのデートの時も彼女は男性と手をつないだことが初めてだと考えていたため、手をつなぐときも有無を問うようにしました。最初は彼女も戸惑っていたましたが、無理矢理に手をつながなかったことも満足してくれたようでした。

彼女は20代を過ぎて恋愛の経験がないことに関してコンプレックスを感じていました。自分が初めてであることに劣等感を抱かせないことの工夫も考えてあげることが大切だとわかりました。その工夫として私が気にしていると相手に考えさせるような言葉はできるだけかけないようにすることやできるだけ普通に接することも必要です。

ある程度リードされたいという意識も必要だとわかりましたが、気にされていることを大きく出すことは逆効果だからです。付き合った2年間で相手が初めての恋愛経験のときの注意は、大げさに気遣っているということが相手に伝わらないようにすることが必要だとわかりました。

7.初めての恋愛には自分自身の感情をコントロールできるように注意しましょう。

それまで恋は沢山してきましたが、男性とお付き合いをする事は初めてでしたので、初めての事があり過ぎて完全に自分自身を持て余していた時期がありました。

今思い返しても恥ずかしい程に自分勝手で、無意味な独占欲を丸出しにしていましたが、当時は必死で自分自身をコントロール出来なかったのです。

相手のちょっとした行動でも自分の思い通りではないとイライラし、責めていました。女の子がいる集まりに行くだけで、信じられない程取り乱していました。

彼にとっても私は初めての人であり、お互いに考え過ぎていたのです。良かれと思ってしてくれている、と考えてあげる事も出来ず、その結果彼を追い詰め、彼は急性胃腸炎によって一週間の入院生活をおくる事になりました。

彼が入院している間に色々と私なりに考えてみたものの、あまり進歩のない私に愛想を尽かし、付き合って半年で彼に別れを切り出されてしまったのです。

そこで、私がどれだけ相手を思い詰めていたのかようやく自覚し、自分をコントロールする術を磨かなければならない、と決意しました。

一日一日進歩していけるように大きい一枚のカレンダーを壁に貼り、我慢出来た日、出来なかった日、話し合った日等、付き合っていく中で起こった出来事や自分自身の進歩状況、心境を毎日カレンダーに描き込んでいきました。

目標を達成出来ればハートマークを付けたり、シールを貼ったりすると、やる気も漲り、喧嘩をする回数はメキメキ減っていったのです。

元々温厚で思慮深い性格の彼でしたので、私が落ち着けば喧嘩が少なくなる事は分かっていました。

喧嘩が少なくなると、前以上に彼が私を大事にしてくれている事を感じ、私の精神状態も安定し、更に喧嘩をしなくなっていったのです。

初めは半年で別れる事になりそうだった関係も気づけば8年もお付き合いする事が出来ました。

今では何か継続してやり遂げたい時は、こうしてカレンダーに毎日書き込むようにしています。

自分自身を見つめ直す事にも繋がりますし、あの時の気持ちを忘れず、毎日コツコツと積み上げていく事の大切さをこれからも心に刻んでいきたいです。

【付き合い始めの彼氏、彼女との距離感】嫌われたくない、緊張するは厳禁!

2017.02.14

【初デートで緊張する女性へ】自信を持ち成功させる方法,服装,メイク

2017.01.20