彼女の誕生日や記念日に喜ぶサプライズのやり方、方法は?成功する日記について

彼女よ恋

彼女をサプライズで喜ばせたいけど方法がわからない!という恋愛の悩みを持っている人は、

「日記をつけると良いですよ!」

これは僕自身の体験に基づくアドバイスです。

バレンタイン、クリスマス、誕生日、記念日など彼女と過ごす特別なイベントは多々あります。そのたびに、他のカップルにはできない特別な喜ばせ方を彼女にしたいと思うのは当然のことだと思います。

サプライズのコツは大きく分けて2つ

  1. 驚かせること
  2. 独創性があること

①を果たすためには、自分がサプライズを用意していることを彼女に感づかれないようにしなければいけません。僕は彼女と同棲していたとき、クリスマスプレゼントを隠しておく場所に困っていました。そのときは彼女が直接関わりのない僕の友達にプレゼントを預かってもらいました。

いまこれを読んでいるあなたも①に関しては特にお困りではないでしょう。問題は②の独創性です。

簡単な方法では彼女はサプライズされた喜びを感じません。「彼が自分のために努力してくれた」と思わせなければいけません。僕も『何でもない日にとつぜん花束をプレゼントする』というサプライズを行ったことがありますが、結果はイマイチでした。なぜならそこには独創性が欠けていたからです。

しかし、よっぽどクリエイティブな職業についている人でもない限り、私たちは独創的なアイデアを簡単に思いつきません。では、どうしたら②の独創性を生み出せるか、ここで冒頭のアドバイス『日記をつける』の登場です。

②の独創性は『人が思いつかないこと』という意味ではありません。『彼女以外の人は喜ばないかもしれないが、彼女は喜ぶこと』です。彼女がテレビを見ているときに、ひとり言のようにつぶやいた「これ欲しいな」。彼女が子供の頃について話していたときに語った「昔好きだったアニメ」など彼女の個性や歴史について、日々彼女の発言を日記に書き留めておきます。あとはイベント事が迫ってきたら、その日記を開き、贈り物を導き出せば良いのです。

僕は彼女が人生で初めて見たアニメ映画のキャラクターのぬいぐるみをプレゼントしました。それがなんとたまたま彼女が小さい頃に父親からプレゼントされたものと似ていて、彼女は大喜びしていました。

せっかくお金や労力を使うプレゼントですから、ちょっとした工夫を加えて2倍も3倍も相手に喜んでもらえるようにしたいですよね!ぜひぜひ、皆さんもお試しください!