【友達以上恋人未満の関係が続く】男友達、女友達に告白したい人必見!

彼女よ恋

ここでは好きな男性もしくは気になっている女性と、友達以上恋人未満の関係性になったことがある経験者の体験談をご紹介します。

「私たちって単に仲が良い友達?」

「それとも付き合ってる恋人同士?」

告白がないまま、相手と恋人のような親しい関係になってしまい、

“じれったい!”

“はっきりさせたい!”

“でも・・・怖い”

と感じている人に参考になる体験談とアドバイスです。

1.友達以上恋人未満が続く悩みを持つ女性の体験談

私の女性の友人に何年も前から友達として毎月1回会い、遊んでいる男性がいました。

友人と男性は大学が一緒で、社会人になり離れても毎月1回は会っていました。友人は2人でよく「映画やショッピングに行ったりする」と話すのでこちらとしては、付き合っているのだろうと思っていました。しかし友人は、何年も経つのに「告白をされたことがない」と言ってきたのです。

さらに毎月1回だけ会う男性の気持ちが分からないから「アドバイスが欲しい」と私に聞いてきたのです。これでは友達ではあっても恋人とは言えませんし、何よりも男性が何をしたいのかまったく私にも分かりませんでした。その時に思ったことは、真剣に悩んでいる友人がいるのに男性は「どうしたいのか」ということです。

そして友人は言いました。

今の関係ではズルズルと引き延ばしてしまうのは良くないと思っている一方で、男性のことは嫌いではないから隣にいたいという複雑な気持ちをハッキリさせたいということでした。

恋愛経験豊富ではない私にできることは、友人の背中を押し、勇気を出して話し合うことを提案するしかありませんでした。そうすると友人は「頑張って話し合ってみる」と私に泣きながら返事をしてくれました。

そうして数か月後、友人と会う機会が出来たので聞いてみました。友人は私の言った通りに「男性と話した」と言ったのです。勇気が出るように、大声で勢いよく「私たちは付き合っているの?」と男性に聞いたら「僕は付き合っていると思っていた」と言うのです。

男性としては恥ずかしくて告白するタイミングを失ってしまい言えなかったということでした。本当なら男性からしっかりと告白されたかったと友人は言いましたが、自分の口から言って気分がスッキリしたと悩んでいた頃よりも明るくなっていました。

こうして友人は男性とデートをするようになり、私に会うたびに近況報告をするようになりました。友達以上恋人未満という状態の友人を見ているだけで私も辛くて、男性のことは良い印象ではなかったのですが、自分達でハッキリとさせるという行動をしたので私も安心しました。本当に付き合うなら、曖昧にはせずに話した方が良いですよ!

2.告白なしで付き合っているような状況を避けるためすべきこと

%e5%bd%bc%e5%a5%b3%e6%9d%9f%e7%b8%9b

男女が恋人同士になるまでには、人によっては面倒な駆け引きや探り合いがあったりすると思います。

それが恋する気持ちを盛り上げて好きだという方もいれば、ただただ心が苦しくなるので苦手という方もいるでしょう。

なかには恋人同士になる時に、特にどちらからも告白らしい言葉が無いままで関係が始まってしまう場合もあります。

しかし、これは特に女性にとっては不安感を生むものです。

私も過去に告白の言葉無しで恋人になった人がいましたが「私達付き合ってるのかな」とモヤモヤしたのを覚えています。

では何故、告白しない男性がいるのでしょうか?

私の男友達曰く、告白せずに恋人関係になろうとする理由の一つに「相手に面と向かって告白して、もしフラれたら立ち直れないから」ということがあるそうです。

しかし彼は、男性が他の理由で告白しない可能性についても示唆しました。

例えば「告白せずに都合の良い関係だけで付き合いたい」場合や、「まだ告白する程好きでも無いので付き合ってから考えようとしている」場合といった可能性があるようです。

はじめの理由ならまだ良いのですが、後二つのような理由では女性側は自分が軽く見られているようで堪ったものではありません。

このような状況を避けるためにはどう対処したら良いのでしょうか?

私の女友達で、男性との交際が始まる時はいつも告白が無くて悩んでいる子がいました。それで長く付き合うこともあれば、案の定、相手に都合の良い女として扱われて彼女が傷ついて終わることも多々ありました。そんな20代前半が終わり、20代後半になってから彼女は付き合いが始まりそうになったら必ず男性の告白を待つことにしました。

もし告白が無ければきっぱりと付き合わないことを決めるのだそうです。実は30歳の私もそうしていて、告白されないまま男性が私と付き合おうとしていたら関係を切るか、告白されなければ恋人にはならないという意思をはっきりと伝えるようにしています。

結局のところ、このように自分の考えは関係が始まる前に相手に知ってもらうことが一番心の負担を減らすのだと思います。都合の良い女にならないよう、相手が自分を本当に好きなのか、自分とどうなりたいのかを明確にしてから男女交際を始めるのが良いでしょう。

3.恋愛には勢いも必要

関係を大事にしたくて前に進めない気持ちもわかりますが、ここぞという時は決断力や強引さも必要だと思います。

私には10代から20代の終わりにかけて、10年間友人として付き合った異性がいます。

ずっと友達以上恋人未満の関係で、手を繋いだことはあっても、キスやそれ以上のことはありませんでした。今にして思えば、あんなに純粋で淡い関係がそんなに長く続いたことに驚きますね。

最初の出会いは、近所のコンビニで働いていた、同じ高校の男の先輩に紹介されたことでした。

そのコンビニで先輩の同僚だったAくん。先輩と一緒に深夜バイトに入っていることが多かったので、22時過ぎとか遅い時間にフラッと寄ってちょっと話してっていうことを続けてるうちに、先輩よりも同い年だったAくんとよく話すようになりました。時にはソフトクリームを大盛りにしてもらったり。笑

それから2人で遊びに行くようになって、付き合ってはいないけど、デートっぽい所へもたくさん行きました。

最初から両思いだったと思います。

彼は背が高く、外見もタイプだったし、なにより誠実で優しく彼氏にするならもってこいの人でした。ちょっと天然で心配になるところも、反対に4人兄弟の長男だったのでしっかり者の側面もあり、まっすぐでスレてない感じはなかなかいない貴重なタイプでした。

そして彼のまっすぐさと、私のことを好きそうな雰囲気に甘えていつも楽しく遊んでいたんです。

でもその関係は10年間も続きました。その10年間に、お互い付き合った相手がいた時期もあります。そうすると、どちらかの相手がいい顔をしないからと疎遠になったり、それでもたまに連絡を取ったり、遊びに行ったり。

そんな関係はある時終わりを迎えます。Aくんが家業を継ぐために田舎に帰ることになったんです。もともと20代のうちに戻るつもりだと話していたんですね。

それで帰る前に最後のデートをしていたとき、2人とも付き合っている人はいなくて、お互いの気持ちをなんとなく探り合っている状態でした。

22時頃帰ろうかってなって、電車に乗り、このままお別れなんだなーと思っていたら、Aくんがもう少し一緒にいたいからと遠回りして送ってくれることに。

ずっと何か言いたげに、でもモジモジした様子。「なんだろう、告白かな」と待つ私。だけど結局何もなく…。じゃあねと別れることになりました。

何かありそうだったのにな。帰る道すがら考えていると、メールが。

そこには「ずっと好きでした。付き合ってください。」と。その他にも、今日一日中ずっと機会を伺っていだけど、言えなかったことが書いてありました。でもその瞬間すーーっと冷めてしまったんです!純情にも程があると!

譲ってこの時点で高校生ならまだわかります。言っても30前の大人が、何年も、しかもその日一日ずっといて言えなかっただ??最後の最後にメール?電話でもなく?と、私のほのかな恋心は急降下していきました。

きっと大の大人がそれほど言えなかったってことは、大切に思ってくれてたに違いないと今なら思えます。

が、その時はなんなんだ!という怒りとさみしさの入り混じったような気持ちが押し寄せてきました。

結局付き合いませんでしたが、恋愛には勢い、時に男性には強引さも必要だなと感じた出来事です。

男性のその強引さ(もちろん迷惑な強引さと履き違えてはいけませんが)で、リードしてくれる力を計ってるんです!

4.本心がわからない男性との恋愛。告白した結果

私が以前好きだった男性のお話です。

その彼とは、友人のパーティで出会いました。背が高く、外国人のような顔立ちの彼は一際目立っていたのですぐ目に留まりました。ですが自分では仲良くなれない…と思い、かっこいいなと遠くから思うだけでした。

しかしパーティの帰り道に、友だちに勧められ”声をかけてみよう!”となっていたところ、その男性から私に声をかけてきてくれたのです。

そして、それをきっかけに連絡を取るようになり、しばらくして2人で会う機会が訪れました。いきなり2人で会うのに抵抗があったのですが、いざ会ってみると何事もなく3時間ほど食事をして別れました。

そのような関係が数ヶ月続き、私は彼のことが好きになりました。彼も私のことを気に入っている素ぶりをたくさんしてきます。ですが、好きだとか付き合う話はしてくれませんでした。そして私から告白することもできず、半年以上が経ってしまいました。

彼は過去の恋愛経験などを教えてくれず、なんだかいつも壁があるというか、本当の自分を隠しているような気がしていました。そのせいか、私も本心を言えず素直になれなかったと思います。

デート以外私に求めてくることは何もなく手も繋がない彼は誠実なはずだと自分に言い聞かせていました。ですが時間が経つにつれ、そんな関係にじれったさを感じるようになり思い切って自分から思いを伝えることにしました。

「私はあなたが好きだけど、私のことはどう思っているの?」と聞きました。

すると、好きだけど付き合うことは考えていないとの返事でした。付き合うことが何なのかよくわからない、とのことでした。もちろん私はとてもショックでしたが、同時にこれ以上この人とは何の進展もしないだろうと確信しました。

とても好きでしたが自ら離れることを決め、連絡先も消して必死で忘れました。彼は引き止めることもありませんでした。

それから1年後、その彼は昔の彼女とよりを戻して結婚したそうです。本心が見えないと思う男性は、やはり何か思いを隠しています。彼はその元カノが忘れられなかったのでしょう。とてもずるいとは思いますが、この人本心が見えないな…と思ったら深入りしないことがオススメです。

5.何時まで経っても友達以上恋人未満、諦めかけたときこそ発展する!?

大学時代に好きになった男性は、本当に曲者でした。

仲良くなるまでは本当にあっという間で、少しばかり話しただけなのに意気投合、そして彼の家に泊まりがけでゲームを一緒に楽しむほどでした。彼の家で泊まっている間に、彼はバイトに行かねばならなくなり、私は帰ろうかと思いましたが「待ってなよ」と引き留められたこともありました。

学校でも会うというのに、毎日のように電話をし、ご飯にも行く。これで恋人になれないわけないと変な自信ばかりが膨らんでいました。ところが、もの1か月そこらでそこまでの仲になれたというのに、気が付けばそんな関係のまま2年以上経っていました。実はその間に、私は別の人と付き合ったりしたこともありました。そう、彼は全くといっていいほど、交際に関するアピールをしてこなかったのです。私から2度も告白しましたが、「好きじゃない」とか「他に好きな人がいる」わけでもなく、曖昧な表現でフラれ、私は未練を残したまま他の人と恋愛をしていた状態でした。

気が付けば4年を過ぎたころ、私は付き合っていた彼氏と別れました。別れた理由は彼とは無関係ではありましたが、これでまた私は彼への未練を思い出さずにはいられなくなりました。しかしそのたびに、2度もフラれた経緯が気持ちを抑え込み、もうすっぱり諦めて、完全な友達として振る舞おうと決心したのです。

するとどうでしょう、そんな私の態度を訝しく思ったのかどうかは定かではありませんが、今までにないほど突然彼がスキンシップを取り始めたのです。ラインの返信も恐ろしいほど早く、逆に気味が悪くなるほどでした。彼の後輩がバイトをしているお店に二人でご飯を食べに行った後、当然のように後輩は「彼女ですか?」と彼に尋ねたそうで。彼はもちろん肯定はしませんでしたが、否定もしなかったという話を聞いて驚きました。そう思われるのが嫌なら否定するはず、とまた私に変な自信が戻ってきてしまいました。今ではこれまでにないくらい彼と急接近しています。発展しないと悩む方は、もう諦めてるんだから!という態度で接してみるのはいかがでしょうか。

6.恋人以上恋人未満の女性が好きになったら、遅くなっても是非自分の気持ちを伝えましょう

私は現在30代の男性です。

私が20代前半の時に経験したことを参考に、好きな人に気持ちを伝えられないと悩んでいる人向けに僭越ながらアドバイスさせていただきます。

当時、私には友達以上恋人未満な関係の女性がいました。その人とは飲み会で出会いましたが、正直最初は全く意識をしていませんでした。

最初のころは月一で開かれる飲み会にお互い参加しては、そこで会って楽しく飲みながら話をする程度の関係でしたが、ある時の飲み会の後の二次会で、楽しく飲んでいた私たちは、どちらかともなく「それじゃぁ今度、二人でどっかに遊びに行こうか」という話題になり、デートをするようになりました。

基本的に二人とも映画が好きだったので、遊ぶのは、映画を見に行ってごはんとお酒を楽しんで、それからお互いの家にでも遊びに行くような感じでした。そんな関係を、1年以上は続けていたかと思います。

そんなある日、友人からその彼女がほかの仲のいい男性と付き合っているという噂を聞きました。それは彼女に確認すると確かにその通りだったのです。はじめのころは、彼女に対しては特別な感情を持っていないと思い込んでいた私は、素直におめでとうという気持ちを表しました。しかしそれから当たり前のことですが、彼女はその男性とのみ遊ぶようになったのです。

私は心にぽっかりと穴が開いたかのような気分になりました。そしてその時に自分の気持ちに気づいたのです。自分は、知らない間に彼女に惹かれていたのです。当然ながら時はすでに遅かったのですが、私のなかではもやもやがずっと続いていました。恋は盲目というやつかもしれませんが、「私の方が彼女との付き合いが永いのに」とまで思うようになりました。まったく勝手な話だと今では思います。

私はそんな自分をどうにかしたいと考え、ついには彼女に自分の気持ちを伝えることにしました。そのことを伝えた彼女は、少し困った顔をしましたが、優しく笑顔でごめんなさいとはっきりと言ってくれました。当然断られたことに対してはショックでしたが、しかし自分の中ではとても晴れ晴れとした気持ちになりました。やっぱりちゃんと自分の気持ちを相手に伝えてよかったと思いますし、今となっては甘酸っぱい思い出となっています。

好きな人がいても断られるのが嫌で自分の気持ちを伝えることができない人がいると思います。しかし、それはきっと後で後悔すると私は思います。恋は盲目なんです。その恋が終わったら、また世界が広がりあなたにふさわしい人が現れると思います。なぜなら世界には異性は星の数だけいるのですから。そして、たとえ振られたとしても、その経験はきっとあなたの中でいい思い出になり、次への恋につながるはずです。

7.好きな男性と一年も続く友達以上恋人未満をなんとかしたい!

一緒に遊ぶし御飯も行くし、二人きりで映画を観に行ったりもするけれど、恋人関係にはならなくて彼もたぶん私のことを仲の良い気の合う友達だと思っているだろう…と微妙な間柄で何とかしたいとヤキモキすることがあります。

彼のことは好きだけれど今の関係に自信がないからどうしても一歩が踏み出せずに、ただひたすらいつかは恋人になれるのではないかな?と淡い期待だけを抱いているのです。

多くの場合、結局待っていたけれど大きな進歩が無くていつの間にか友達としての関係も薄れてしまった、あるいは未だに友達関係が続いているという2パターンになります。

お互いに微妙な関係ではあるものの、どちらも一歩を踏み出さない場合は、お互いに自信がないのに関係が続いているので、変に心地よい状態でもあります。一緒に居れるのだから、頑張って恋人関係に昇格させなくても良いかな…と半ば諦めているような状態とも似ているのです。

ただ、この場合は女性側はこのままじゃ嫌だ!と思うことが多く、悩んでしまいます。

ではどうすれば今の関係を恋人関係にまで昇格できるかというと、分かりやすい刺激を与えることです。

いきなりキスをするとかそんなハードなことではありません。

「たまには夜景とか観に行かない?」と彼を誘い、周りにカップルが沢山居る場所へ連れていきます。ただそれだけなのですが、成功した私が言うので効果は高いと思います。

長い間友人関係を続けていましたが、もう結婚するならこの人しか考えられないと思っていたので、自分から「私たちは恋人なんだよ」と言いたくて、敢えてカップルが多く集まるスポットへ彼を連れていきました。

夜が更けていくにつれて周りのカップルの密着度が高くなり、明らかに彼もいつものテンションとは違いました。彼のドキドキが何となく伝わってきたところで、私から「友達関係を壊したくはないけど、あなたが好きだよ」と告白をしました。

最初、彼は驚いていましたが周りのカップルの影響もあったのか初めて私を女性として意識したのか「俺も」と言ってくれたのです。視覚から入る刺激は微妙な関係の男女にとってとても良い刺激になります。

今の関係から一歩進めたいと思う場合は、視覚から彼を刺激してみると良いですよ。

友達関連記事:

【友達の彼女や彼氏を好きになった体験談】友人を取るか好きな人を取るか

彼氏について相談に乗ってくれた男友達が好きになってしまった結果

【好きな人に友達としか見られない】男友達、女友達に恋愛対象に見られるためには

友人と好きな人が被った。友達と同じ人を好きなった場合どうすれば良い?